日本経済の救世主

安部総理になり上向きかけた日本経済。
失敗するとハイパーインフレになる劇薬を、ついに飲みました。

これが成功したら、安部総理は歴史に残る偉人になれます。
失敗すると、、、ああ、、、まっ、祈りましょう。

日本は国土が狭く、資源が乏しい。
明治以降はヨーロッパに習い、植民地の開拓をしましたが、あえなく敗戦。
そもそも他の国から搾取するのはイカンです。

勤勉な国民性は技術で国を支えましたが、少子高齢化と工場海外移転による空洞化で
国の借金は増え続け、パンク寸前です。


先日、南鳥島近くの海底でレアアースが見つかったとの事、

レアアースは電子機器の生産に欠かせず、そのほとんどは中国産
尖閣諸島に上陸した中国漁民を拿捕した時、釈放しないとレアアースの輸出規制を
するぞと脅されて、泣く泣く釈放したのは、記憶に新しいところです。

また豊富な埋蔵量があるそうなので、ひょっとしたら輸入国から輸出国になれるかも。


安部政権最大の政策 「 円安誘導 」
円安に誘導して工業製品輸出国を復活させる、また、円安になれば国内で生産しても
人件費が抑えられるため、雇用の場が生まれる。

しかし、デメリットとしては輸入品が高くなる。
特に原子力発電が出来なくなった日本としては、火力発電に頼らざる得ない。
そこにも朗報が、、、

シェールガスや、メタンハイドレートが見つかったので、エネルギー問題がうまく解決すれば、
20年間下がり続けた日本経済が回復するかも知れない。

あわよくば中東の国々の様に、地下資源の輸出国になれるかも。
オイルマネーが地下から湧き出る国は、学校、病院、そして税金免除なんていう
夢の様な国もある。



さて、10年後の日本は、、、
byみやじぃ
[PR]
トラックバックURL : http://angel3773.exblog.jp/tb/17586677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by angel-top | 2013-04-08 13:25 | みやじい | Trackback

ブログ開設


by angel-top
プロフィールを見る
画像一覧