なぜ沖縄に米軍基地が存在するか-④-


尖閣諸島です、、、
a0167341_13294752.jpg


そもその1960年代までは、中国の地図でも尖閣諸島は日本領に
なっていました。
石油が海底にあると判ってから、領土と主張したのです。

最近では中国軍の幹部が「沖縄はもともと中国のもの」と
発言しています。
ちなみに中国が沖縄を実効支配した事は、歴史上一度もありません。

沖縄は冊封使を中国に送り、独立国として認めさせていました。
決して中国の自治区ではありませんでした。

なぜ中国から、中国軍の幹部からこんな発言がでるのでしょうか?

内モンゴル、チベット、新疆ウイグルを弾圧により自治区として手中に収め、
インドやソ連(当時)と国境紛争を起こし、それが落ち着くと
今度は海に目を向けました。

1990年代、フィリピンから米軍が撤退しましたが、
中国軍は米軍の撤退後、すぐに南沙諸島の一部を占領しました。
米軍の抑止力が証明されたと同時に、中国は油断のならない卑怯な国
と言えるでしょう。

中国がアメリカと戦争状態になった時の、中国が想定した海洋防衛ラインは
1980年までは中国沿岸部であったのに対し、1985年からは
第1列島線として鹿児島から沖縄、台湾、フィリピンを結んだ線を想定しました。

最近では東京から伊豆諸島、グアムに至るラインを第二列島線を
設定しています。

日本の領海内に防衛ラインを引くこと自体、厚顔無恥な行為ですが、
これがな現実なのです。

陸軍から空軍や海軍にシフトした中国の軍事費は、ここ10年で2倍に増えました。
この額は自衛隊の予算のおよそ3倍です。
なんで、こんなに軍事費を増やす必要があるのでしょうか。

中国は過去に、ヨーロッパや特に日本から侵略された経験があり、
自衛の為と説明していますが、海洋面積の狭い中国が、海軍にこれほどの予算を
増額すると脅威を感じます。

沖縄タイムスの記者が言う様に、尖閣諸島だけを差し上げれば、
中国は友好的になるのでしょうか?

中国軍の幹部が沖縄も中国のものと言い出しています、
どんどん侵食してきませんか?



byみやじぃ
[PR]
トラックバックURL : http://angel3773.exblog.jp/tb/19448215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by angel-top | 2014-02-10 13:32 | みやじい | Trackback

ブログ開設


by angel-top
プロフィールを見る
画像一覧