<< また食べた~い     喜びも悲しみも幾歳月 >>