中古車に期待は禁物。

車の話なので、興味のない方はスルー
して下さい。


さて、買い替えた車、ミツビシのランサー
通称エボ6

受け取ったその日、喜んでアクセルを踏んだら、
どうも馬力が出ない。

十分走るが、ランエボ独特の炸裂パワーがない、、、
ブースト圧が0,9くらいで、ウッ、ウッ、と
息継ぎをする。

また、ハンドルを小刻みに左右に振ると
トランクあたりから、ゴゴゴ~という異音、
しかも会話が出来ない程の大きな音。

翌日、すぐに買った中古屋さんに渡して
点検してもらいました。


一週間後に連絡があったが、症状を再現出来ないとの事。
そもそも、ランエボに乗った事がなければ、
まあ、こんなものかな?
と、思うかもしれません。

年式の古い車はややこしい、、、
自分で調べたら、
バワー低下の原因はおそらくココ
a0167341_13424812.jpg

アクチュエーターという、ターボの加給圧をコントロールする部品が
劣化しているのではないか、、、と

この他に考えられるのは、
ウエストゲートバルブ
ブローオフバルブ
ソレノイドバルブ
燃料フィルター
プラグ
プラグコード
配管の緩み
燃調の狂い

う~ん、いっぱいあります。
ターボ車に詳しいショップでないと、
治らないかもですね。


ハンドルを切ったときの、トランクから異音は
ミツビシ独特のAYCというデフ
(駆動力を左右に分配する装置)
と思われる。

かなり過激にゆすらないと、異音がしないので、
修理する人が見つけられなかったと、思われる。

徐々に直しましょう。
byみやじぃ




[PR]
トラックバックURL : http://angel3773.exblog.jp/tb/22685673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by angel-top | 2016-04-05 14:06 | みやじい | Trackback

ブログ開設


by angel-top
プロフィールを見る
画像一覧